1月26日に伊藤 千尋先生のセミナーを開催いたします。

1月26日(水)に福岡大学人文学部 准教授 伊藤 千尋先生によるセミナー「カリバ湖のカペンタ漁をめぐるポリティカル・エコロジー」を開催します。



日時:1月26日(水)18:00


場所:オンライン(Zoom)及び北海道大学大学院保健科学研究院による    ハイブリット開催


参加方法:下記の連絡先よりお問い合わせください。

      ZoomのURLをお送りします。


連絡先:tox〇vetmed.hokudai.ac.jp

    ※〇の部分を@に置き換えてさい。



興味をお持ちの方はぜひご参加ください。



概要:

ザンビアージンバブウェ国境に位置するカリバ湖は、1950年代にダム建設にともない誕生した人造湖である。カリバ湖では、カペンタ(Limnothrissa miodon)と呼ばれるニシン科の淡水魚を捕る商業漁業が行われている。

近年、ザンビアにおけるカペンタ漁については、漁船数の大幅な増加、漁獲量の減少といった問題が指摘されている。本発表では、ポリティカル・エコロジーの視点を援用し、ザンビアのカペンタ漁に関わるアクターの特徴や彼らを取り巻く社会・経済環境を明らかにし、問題が引き起される背景を考察する。

くわえて発表では、カリバ湖における持続的な資源利用を考えていくうえで、ブリコラージュ性や流動性といった個々のアクターによる生存戦略および事象をとりまく不確実性を考慮すること、またそれらをマルチスケールで分析することの重要性を提示する。

閲覧数:18回0件のコメント